1. HOME
  2. 英語が話せるようになる人の発想

英語が話せるようになる人の発想

自分も英語を話せるようになりたい!!

あなたの周りにもいらっしゃると思います。英語がペラペラで、ネイティブと対等に話している人。はたから見てもカッコいいですね。そこであなたも思うかもしれません。自分もそうなりたいと。

でもなかなか大変そう。英語は苦手だし。今までにも何度も挫折したし。だいいち単語とか覚えても忘れるし、文法も難しいし、聞き取れないし、時間もないし。

英語圏に長く生活でもしないと無理なんじゃないの。でも、日本にいながらにして英語がペラペラになったと言う人の話も聞くし、なにかいい方法がないかな。

そこでパソコンを開き、インターネットで検索します。沢山あります。どれも”この教材こそ一番”そんなことを言っています。そして結局多くの方が安易な教材選びをしてしまいます。

○○するだけ!勉強なんてばかばかしい。赤ん坊が習得するようにすればいい。(あなたが赤ちゃんならそうしてください)だれでもたったの~ヵ月で英語が口をついて出てくる。

そんなことを本気で信じる人がそんなに沢山いるとは私にはどうしても信じられませんが、そんな英会話教材ほど売れるようですね。わかる気もします。誰にでもあることです。ラクしたい気持ち、すごい奇跡のような方法があると信じたい気持ち。

でも膨大な数の単語と、様々な慣用表現と、細かな文法と、何百年にもわたって育まれた一つの言語を1~3ヵ月そこそこでペラペラ話せるようになる。ただ漠然と流して聞いているだけで、英語の仕組みが勝手に分かり、単語もどんどんわかるようになり、口に出してトレーニングもしないのに話せるようになる。そんなことをあなたは本当に本気で信じますか?そんな方法を誰かが開発したとしたら、一切の広告など必要なく、あっという間に日本中あるいは世界中に広まり、誰も英語で苦労しません。

この英語教材の製作者である私はかねてから、よく言っていました。

英語はだれでも身につく。

あなたが今、日本語を話せるということは、言語習得能力が備わっていることの証明で、英語が身につかないはずがない。

しかし、今の日本の英会話産業の実態を見てあえて申し上げます。

英語は誰にでも身につくわけではありません。

身につく素地はみなさん同等に持っています。しかし、腰を落着け地道な努力をいとわず、覚悟をもって学習し、練習し続ける人にしか身につきません。

私の経営する英会話学校を初めて訪れる方には等しく申し上げます。”うちに来ているだけでは英語は話せるようになりませんよ”英語は自分で身につけるもの。要はあなたの英語学習にいかに上手にこの学校を組み込むかです。

どの英語教材が一番か。それはそれを使った人が決めることです。 弊社の教材があなたにとって一番か、それはこのサイトをジックリお読みいただき判断し、もしお使いいただければ、そのあと分かることのはずです。 私どものこの訴えに少しでも共感されるのであれば、弊社サイトをジックリお読みください。あなたの英語力の向上、ひいては日本人の英語力の向上、 その事を自らのライフワークとしてきた頑固な英会話学校経営者の助言が少しはお役に立つはずです。

なぜ英語が話せないの?

英語ができないのにはもちろん理由があります。
しかし、何事も出来ない人は出来ない言い訳を考えそこで終わります。

  1. そんなにたくさんの英単語は覚えられない
  2. 英文法が難しすぎて分からない
  3. 聞き取れない
  4. 英語を話す機会がない
  5. 時間がない

そして次のような発想についつい乗ってしまいます。

  1. 英単語覚えられない
    聞いていれば勝手にわかる
  2. 英文法が難しすぎて分からない
    文法なんて知らなくてもいい
  3. 聞き取れない
    そのうち慣れる
  4. 英語を話す機会がない
    ただ聞いていればいい
  5. 時間がない
    できる時にやればいい

要するに出来ないことを何も解決しない、あまりにも安易なやり方を受け入れてしまうのです。
この手の発想の英会話教材がいかに多いことか。

これでは勝負は見えています! まず、話せる人の発想になりましょう。

話せる人の発想とは?

  1. 英単語覚えられない
    覚えられるようなやり方をする
  2. 英文法が難しすぎて分からない
    今までの発想を捨て、分かるやり方で学習しなおす
  3. 聞き取れない
    聞き取れない理由を突き止め、そこを徹底的に改善する
  4. 英語を話す機会がない
    機会は作る。相手がいた方が理想的だが、一人でもできることはたくさんある
  5. 時間がない
    時間はつくる。飲みに行く時間、テレビの時間を作れるのなら、作れる

このようにしてこそ英語は身につきます。

絶対に忘れないで下さい。どんな英会話教材もたかが教材です。 あなたの英会話力をつけるものは教材ではなくあなた自身です魔法のようなことは絶対に起こりませんし、期待もしないことです。

要は、その教材は、あなたの一分一秒の努力を確実に“話せる聞ける” に結びつけるすぐれた道具であるか、です。

英語が話せるようになる人は、そういった観点で英語学習法を考え、教材を選ぶはずです。