1. HOME
  2. よくある質問

よくある質問

この教材はどんなレベルの人が対象ですか

比較的幅広いレベルの方を対象としていますが、以下のようにご理解ください。

この教材はある程度英会話の勉強をしてきたのに、もう一つ伸び悩んでいらっしゃる方。なかなか効率よく上達しない方、そんな方のために作られています。 もう一度基礎を見直し、さらに効率的にしっかりとした英語力をつけていく土壌を耕しなおす。そのように捕らえていただければいいかと思います。

上級者でも、ABCnewsなどある程度分かる反面、普通のテレビドラマの会話が十分分からなかったりすることがけっこう有ります。わたしの学校には英語教師、英会話学校講師、帰国子女の方も通われますが、彼、彼女らが使っても、盲点がはっきりしてとても役に立つとおっしゃってくれます。

初心者なのですが、それでも役に立ちますか

はい、役に立ちます。

あなたが英会話初級者であれば、この教材は確かに手強いでしょう。しかし、初心者でも全て分かる範囲の英語で書かれているもの、そんなものを使うから、いつまでも不自然な英語に触れ続けることになります。 日本の英語の教科書がいい例です。
日本の中学校英語教育がいまだにほとんど何の役にも立っていないのはいくつか理由がありますが、一つは、どのレッスンもこれまでに習ったことだけで書かれているからです。 例えば関係代名詞を勉強するレッスンでは、関係代名詞だけは新しい内容として付け加えられますが、それ以外はすべてこれまでに習った事柄だけで書かれています。 だから不自然なのです。
言葉の習得というのは、いろんな事柄にたくさん接していって、そのなかで、少しずつ、この部分、あの部分が、自分の中で明らかになっていくものです。 すっきりしてくる部分が少しずつ増えてきます。そして、最終的に全てが納得できるようになるはずです。
もちろん最初から、英字新聞や、ABCニュース、スラングがたくさん使われた教材等を使う必要はありませんし、オススメもしません。 でも最初から自然な英語に触れていくことはとても大切です。その中で、自分の分かる範囲のこと、吸収出来る範囲のことを確実に吸収していこうとすることです。 全部理解しようとするから、分からない、苦手だ、そんな意識が生まれます。分からない、出来ない、それは最初は当たり前のことです。
初心者にとってもいい教材とは、自然な英語を使っていて、それでいて初心者でもちゃんと吸収できる、理解範囲出来る部分が与えられているものです。 言葉の習得とは本来そういうものです。最初はほとんど全く分からない状態から、この部分、あの部分が少しずつ分かるようになっていき、次第に全体が見えてくる、 そういった過程を踏むべきなのです。
その意味で私どもの教材は、確かに大変かもしれませんが、これから本当に腰をいれて英語を習得しようとしている人には、 これまでとは全く違った次元で基礎英単語と英文法の学習ができるという点で自身をもってお勧めします。 使えなければ意味が無い、話せるようにならなければ意味がない。 そんなつもりで解説がしてあります。be動詞についても多くの容量を割き解説してあります。きっとbe動詞の本質が見えてくるでしょう。 doと言う単語についても多くの人が理解できていません。 それについてもしっかり解説してあります。 おそらくこれまで学習してこられたことからは経験できないような全く違った見方が出来るようになるでしょう。 (ちなみにdoとbeはある意味バロメーター的単語で、この単語を使いこなせる人はもうかなり英語が話せる人です。 逆に言うと、それほどこれらの単語を使いこなせている人は少ないということです。) その他の基礎英単語についても多くの発見があるはずですし、 また、目の覚めるような英語の仕組みの理解につながります。そのような声を多くの方からいただいております。弊社教材は英語苦手意識を持っている人にこそお勧めです。

英会話教材はたくさんあって、他の教材と迷ってます

他社の教材は買わないで、こちらを選んでください。そんなことは弊社は申し上げません。他社の英会話教材にもあなたに合ったものがあるでしょう (ただし、聞くだけ、○○するだけ、この手の安易な教材にだけは手を付けないようにしてください。)弊社教材は、あなたが他社のどのような良質な英会話教材や英会話学習媒体を使っていたとしても、 そこから得られる効果をより確実なものにし、またより大きな効果を上げていただくためのものです。 あなたに英語をどんどん吸収できるだけの土壌がすでに出来上がっているとお考えであれば、弊社教材は必要ないでしょう。 ただ、まだまだ単語の発想が日本語的、まだまだ英文がスムーズに組み立てられない。そう感じていらしたとすれば、 弊社教材the nativebusterはその解決策としてうってつけだとは自負しておりますし、その為のプログラムです。様々な媒体から英語を吸収するための土壌づくり、上級レベルの英会話基礎力を提供します。

この英会話教材を使うと、学習形態はどんなふうになりますか

まず、しっかり解説を読んで学習していただきますが、圧倒的時間をリスニングとスピーキングに費やしていただきます。

● パソコンに加え、スマートフォンやタブレット上でビデオレッスンを受け、イラストをたくさん使った解説部分もしっかり読みます。学校英語ではない目からウロコの発見があるはずです。
(単に解説を読むだけでなく、例文をしっかり音で聞き、リピートします。例文は表示、非表示を選択できます。)

● CDは携帯端末に取り込まれるといいでしょう。音声を聞きき、耳に馴染ませます。
音に続いてリピートします。

● アプリを使いたくさんの課題をネイティブとの擬似対話を通して行います。質問を聞き、答え、自らが質問したり、言い換えたり、レポートしたり。様々な課題を音声と視覚で行います。

● 週に2回、リピーティングの課題が出されます。フレーズごとのチャンクに分けた録音をしてありますので、リピーティングはとてもやりやすいはずです。

付属の英文法アプリ教材は、どのタイミングで始めればいいですか

英単語教材と両方同時進行で行うのが、理想です。

(英文法アプリは現在、新バージョンを開発中です。しばらくお待ちください。)

この教材は先ず英会話の基礎をじっくり基本英単語の部分から浸み込ませることを目的として作ったものです。しかし英語の仕組みがしっかり理解されている人は、英語を聞くたびにそのルールが少しずつ身についていきますし、リピーティング、シャドーイングなどをしていても、 自分で納得しながら文を構築していくことが出来ますから、単なるオウム返しのリピーティングではなく、より大きな効果が期待できるのです。

もちろん、人それぞれ苦手意識、問題点など違いますから、片方にしばらく重点を置く、それも一つのやり方です。 それは一人ひとりの課題や弱点や、置かれた環境が違いますから、違って当然です。どうしても英語が単なる単語の羅列になることが多い。 文をうまく組み立てられない、普段そのように感じられているとしたら、英文法教材から始めるのもいいでしょう。 また、単語力がない、どうしても難しい単語を使って話してしまう。分かっているが日本人臭い不自然な単語の選択をしてしまう、 そう強く感じているのであれば、英単語教材から始めるのもいいでしょう。

しかし誤解のないように以下をお読みください。
一つの言語の習得はそう生易しいものではないはずです。ものすごい数の単語、文法、様々な慣用表現、発音、文化の違い、 など、克服すべきことはたくさんあります。
それを一つの教材で全て解決できるはずがありません。およそこの教材さえ使っていれば他は一切何もしなくてもいい、そんなものが存在するべきだとは思いません。 弊社教材で学んだ事柄を他で使う機会があれば、積極的に使ったほうが、よりいいトレーニングになり、より効率的に英語を自分のものに出来ると思います。 ですから、機会があればなるべく多くの英語に接するようにしてください。 その中でもthe Nativebusterで学ぶ表現に出会うことが多々あると思います。英文法アプリではその解説例文、練習のなかで、基礎英単語編からの表現が何度も出てきます。 相乗効果を狙ったほうがいいはずです。

だいたい、一日にどれくらいやればいいのですか

一日どのくらいやるかは人それぞれです。無理をしても続きません。大切なのは無理の無い、確実に出来る範囲の計画をたて、その代わりに確実にやっていくことです。 人は決して出来る範囲以上のことは出来ません。そんなことをしても挫折するだけです。大切なのは出来る範囲のことを確実にこなしていく。 そんなつもりで計画を立ててください。
何を修得するにも大切なのは集中です。だらだらと長くやるより、無理のない範囲で時間を決めたり、ページ数、などを決めたりして、進めましょう。 だらだらとした数時間より集中した30分のほうがはるかに効果があります。

この英会話教材はどれくらいで修了できますか?

基礎英単語編に関しては、vol. 4 修了まで、16か月のプログラムですが、個人差はあるはずです。平均どれくらいかかるかは、あまり意味がありません。平均的な人はほとんどいないからです。 人それぞれ様々で、実際にお会いして話をしてみないとなんとも申し上げられません。ただ、あまり長くかけてしまうと効果が半減します。 コンスタントにどんどんインプットしていく必要があるからです。16か月修了してからも、総復習の意味で、ある程度続けることをお勧めします。定着する前にやめてしまうと、どんどん消えていくからです。
また、英文法は英単語と違い、ある程度理解し、使いこなせるようになれば、さらに学習を進める必要はなくなります。あとは身についた知識を深く体に馴染ませるように、 練習をし、感覚になったしまえば、普段のリーディング、リスニング、スピーキングなどを通して、どんどん体にしみ込んで、 最終的にはあなたの体の一部のように語感となって定着してしまいます。ですから、英文法の勉強は長く続けるものではありません。 さっさと理解して、使いこなせるようになることです。
そのために目安としてはBasicは半年くらい、Intermediateも同様に半年くらいで終えてしまいましょう。 ただし1回通しただけでは絶対に不十分です。少なくとも頭からの繰り返しを3回はやりましょう。(私なら5回くらいやるかもしれません。)
ですから、それぞれ2ヶ月くらいで一通り終えていただければいいかと思います。もちろん人それぞれ、仕事や学校などあり、割ける時間にも個人差がありますから、 あくまでも目安です。ただ、だらだらと時間ながくかけてやるものでは有りません。そこだけは忘れないようにしえ下さい。

TOEIC や英検対策になりますか

もちろんなります。
英単語教材はリスニング、スピーキング全般。
英文法教材はもそうですが、特にTOEICのリスニング、part2, part3, リーディング, part5, part6 に大きな効果があります。
しかし、この教材はいわゆるテスト対策ものではありません。
小手先のテクニック的なことで、多少点数を上げても意味がありません。そんな教材や方法では限界があります。 決して飛躍的向上にはつながりません。 本物の実力を付けて、その結果として高得点を得る。そのように捕らえてください。

年齢がかなり高いのですが、大丈夫ですか

これまでにもたくさんの人を教えてきましたが、年齢を理由にあきらめる人、そんなの関係ないと頑張る人。様々でした。
嘘は申しません。年齢が上がるほど、もちろん不利な部分は出ます。若い人に比べると修得のスピードは遅いでしょう。 記憶力も落ちますし、言語習得能力は衰えます。しかし、無くなるわけではありません。やるべきことは若い人も年齢の高い人も同じです。
20代、30代の人が1ヶ月で習得するものを50代、60代の人は3ヶ月かかるかもしれません。でも、3ヶ月かければいいのです。

若い人でも、年齢が上の人でも記憶は完璧ではありません。忘れることは皆同じです。時間がかるのであればその分たくさんやり、時間をかけるしかないのです。 でも、絶対に出来るようになります。
あきらめる人のほうが大半です。だからこそ英語を話せる人は少数派です。だからこそ価値があります。

このプログラムで練習するとどのくらいのレベルになりますか

このプログラムを卒業するレベルとは何なのか。それはあなたの英語・英会話学習が勉強から実践にシフトするときです。つまり十分な基礎力がついているので、あとはもう英会話教材などに頼る比重は極力少なくし、映画なども字幕なしで見、英語の新聞や本を読み、英語で海外メディアを見聞きし、リピーティングなどの練習も普通のアメリカのテレビ番組やニュース番組を使ったり、チャンスがあれば積極的に英語で話す。そんな実践の中で英語に触れ馴染むなかで勝手に力がついていく。そんな状態に移行することを目指してください。(もちろんその中でも、あなたの英語力が母国語レベルになるまでは、時々は基礎に立ち返って反復練習をすることも必要です。)

ただ、私も、かつてはいろいろなテキストを試し、使いましたが、自分に何がかけているか、自分はこうありたい、そのために助けになる教材は何なのか、そういった観点で決めました。 ですから、到達点は自分が決め、テキスト、教材はそのための道具でした。 人それぞれ、私のプログラムの位置づけは違って構いません。初級者にとっては、長く付き合い克服するもの、伸び悩む中上級者にとっては、プロ野球選手が、 基本練習を欠かさないようにするのと同様、自分の英語をしっかりとしたコンディションに立て直し、さらに力を付けていくためのものです。 ですから、どなたもネイティブと対等に話せるレベルを目指してください。

日本語訳が無くて本当に大丈夫でしょうか 日本語訳の入った音声教材の方が特に初心者にはやりやすいと思いますが

初心者だからこそ、日本語に頼るのは止めましょう。
ずーっと日本語訳で理解してきた人が、あるとき急に英語で考えられるようになる、そんなことは絶対に起こりません。 最初から英語で考える努力をしている人が、だんだん英語で考えられるようになるのです。
日本語訳を聞きながら英語を学習する教材が売れているようです。もちろんそうでしょう。入りやすいからです。
「英語の後に日本語の訳を聞けるから、誰でも無理なく分かる」
当たり前です。分かるに決まっています。
英語を理解する必要がないからです。その人は日本語を理解しているに過ぎません。
本当に英語が理解出来るようになりたいのなら、英語を理解するしかない状況に自分をおかなければなりません。 いちいち英語のあとに日本語訳を聞いていたのでは、あなたは永久に日本語の訳で英語を理解しようとするでしょう。
あなたが本当に英語力を付けたいのであれば、そういった教材には断固Noと言ってください。
あなたが本当に英語が滑らかに話せるようになりたいとすれば、あなたは英語を話すときは英語だけで考えるようにならなければなりません。 急にはもちろん無理でも、目指すところはそこのはずです。言い換えると、英語の情報処理ソフトをあなたの頭脳というコンピューターにインストールすることです。 日本語の情報処理ソフトが干渉してしまうとうまくインストールできません。

別の言い方をしましょう。
日本語を聞きながら英語を聞くということは、三味線が上手に引ける人が、今度初めて、ギターに挑戦したいとします。 ギターはまだうまく弾けないので、三味線を弾きながら、ギターを練習する。そんな感じです。それでは混乱をきたすだけで、決してギターはうまくなりません。
日本語と英語では文法も、発想も、発音も何もかも全く違います。それを同時に聞きながら英語を習得しようとすると純粋に英語が修得できるはずがありません。 あなたの言語中枢は混乱をきたすだけです。
この教材のテキストには英単語をイメージで理解する工夫がされていますから、英単語を日本語の訳を介さずにイメージで理解する、 そこから始めるこの教材は、日本語訳で英語を理解してきた人が、日本語を払拭するための絶好の教材と言えます。

購入後のサポートについて教えてください。

2点あります

◆定期的に課題をお送りします

これは勉強方法のアドバイス、ワンポイントレッスン、日本人が陥りやすい間違い、など今後の英語の学習にとても役に立つ肩のこらない内容となっております。 商品紹介では一切なく、純粋にあなたの英語力向上の役に立つ、そしてあなたのやる気を持続させる。ただそれだけのマガジンです。

◆皆さんが集う楽しいオンライン英会話コミュニティー

上記マガジンに加え、弊社スクールに通えない方のために、レッスンの中である様々なポイントを皆さんと分かち合うための楽しく、有意義なコミュニティです。本サイトに併設のブログ”英会話ガンバルぞー倶楽部”とそれと連動するFacebook Page"Nativebuster英会話ガンバルぞー倶楽部"を訪問ください。一方通行のメールとは違い、あなたもコミュニティの一員となり情報を分かち合うことが出来ます。学校英語では得られない様々な発見があり、ここでもモチベーションの維持が出来るはずです。

SELF English Schoolについて教えてください

私どものSELF English Schoolはおそらくほとんどの英会話学校とは異なると思います。 ビジネスとしての側面が大きすぎる英会話産業が社会に与えてるメッセージは英会話は楽しく、気楽に身につけることが出来る。
そして、多くの方がそんなふうに捕らえているのも事実のようです。
でも、外国語の修得はそんな生易しい物ではないはずです。

もちろん、語学の修得に空手道場のようなぴりぴりした緊張感があってはかえってマイナスです。 言葉はリラックスした雰囲気の中でのほうが練習しやすいからです。でも、やるべきことはたくさんあり、トレーニングをしなければなりません。

ただ、週に一回か二回、この素晴らしい英会話学校に通っていれば、すぐに英語がペラペラになりますよ。

そんなことは絶対に申し上げません。どのような学校に通われるとしても、そんなことを平気で言う英会話学校に行くことだけは止めたほうがいいと思います。 お金をドブに捨てるようなものです。

自宅でも練習している必要があるはずです。
私どもの学校に通われるということは、それなりの時間を費やし、お金もはらうわけです。それなりの、いやそれ以上の見返りが無ければなりません。 ですから本校は課題も毎回出しますし、レッスンの予習もしていただきます。書いたり読んだりするだけの学校英語的課題ではなく、聞いて、リピートし、 自分なりの考えを用意し、レッスンの中で、積極的に使っていただく。

レッスン中でテキスト読むこともほとんどしません。それは家でできることです。

こんな学校ですから、私どもの生徒さんの中にはファッション的に英会話を習っているという感覚の方は一人もいません。

本校はほとんど口コミで生徒さんがいらっしゃいます。学校の宣伝等はほとんど行っておりません。 そのためホームページはあるにはありますが、古い物なので、いまあるパンフレットに書かれている物を以下に付け加えておきます。

ご参照ください。
ご承知のように、昨今非常に多くの英語学校があります。しかしそのほとんどは、その場だけで満足して後に何も残らないものです。 何故でしょうか。私自身そういった英会話学校でも教えてきた経験から申し上げますと、ほとんどの英会話学校は英語力習得に最も大切な反復トレーニングをあまりしません。 そうするとおそらく退屈だからでしょう。しかし、言語の習得は技術の習得です。 例えばスポーツの技術の習得と変わりません。 スポーツでは同じ事を何度も反復練習して、いろいろな技術を身体に覚えさせることをします。英会話習得にも同じことが言えます。
SELFはトレーニングをする場です。もちろん何かを続けていく上で、楽しさが無いとなかなか続きません。ですからもちろん会話を楽しみながら学習していただきます。 しかしただ楽しいだけでも上達しません。学習する際に感じる本当の楽しさとは、充実感だと私どもは考えます。
さらに私どもSELFでは、生徒一人一人の自己学習を積極的にサポートしていきます。ですから、もちろんスクール内でもそうですが、家庭での学習までケアします。 だからといって膨大な宿題を課したりするわけではありません。 生活にはバランスが必要であり、無理をしても続きません。出来る範囲で、短い時間でも毎日英語に触れ、 少しずつ吸収していくことを習慣づければ、英語は必ず話せるようになります。そのためのケアを独自の方法で行っていくのが、私どもSELFです。
SELFとはもちろん自分自身という意味です。何を学習するにしても、学習者は生徒であり教師ではありません。本当にいい学校とは、 一人一人が学ぶことを上手に助けてあげる学校だと考えます。

講師紹介

  • 国連英検:特A級, TOEIC:990点満点、全国1位、英検:1級
  • アメリカ元副大統領ゴア氏の学んだ大学として有名なテネシー州ヴァンダービルト大学大学院にて国際政治学修士を取得。
  • USAミズーリ州コロンビア大学及び、ヴァンダービルト大学で4年にわたり日本語を教える。
  • 帰国後、東証一部上場の学研を母体とする英会話学校の校長を務め、最優秀講師として多方面から認められる。
  • 英語教育、教材出版社として日本最大手の某出版社の講師としても活躍。
  • 日本語と英語の発想の違いに着目し、英語の発想を身に付けるための独自のトレーニング方法を提唱。
  • 著書に「目からウロコの英会話」文芸社より全国出版

各コース価格

初級コース
¥16,000 / 月

週2回 1クラス1時間

中級コース
¥16,000 / 月

週2回 1クラス1時間

上級コース
¥16,000 / 月

週2回 1クラス1時間

中学生コース
¥16,000 / 月

週2回 1クラス1時間

International Communication
¥10,000 / 月

週1回 1クラス1時間

プライベート コース
¥応談 / 月

週1~2回 1時間

各コース原則定員6名。(8名のクラスも有)
ライベートレッスン応相談
詳しい時間帯はアンケートの結果決定。
(深夜12時までレッスン可能)

ご検討されて、ご興味がありましたら、お電話でも、 メール でもかまいませんので、ご連絡ください。入校前には必ずインタビューをいたします。

株式会社G.T.S. SELF English School of International Communications
代表 深堀 司朗